« 10月13日フリー練習とDEEP反省会 | トップページ | 10月24日神様勇気を!! »

2007年10月20日 (土)

10月20日フック

金曜日はキックボクシングクラス。

主にフックの練習に費やされた。

水平に打つフック→ショートレンジでのパンチ。

アッパー気味に打つフック→身長差のある相手にやボディ打ちに有効。

打ち下ろすフック→クロスカウンターに用いる。勇気を持って踏み込まないと相手に届かない。

とまあ、一言にフックと言っても、角度(上記の上、中、下)右左、上下(顔面、ボディ)と打ち分けると、かなりのバリエーションがあり、それをコンビネーションで打つ練習も行った。

フックのキーワードは「踏み込み」

相手のジャブやストレートを見きわめた上で、一歩踏み込んで打ち込まねばならない。

反復練習では誰でも簡単に出来る。相手の出すパンチがあらかじめ分かっているからだ。反復(リズム)が規則的すぎて、相手がフェイント掛けて、たしなめられる事もしばしば。

反復練習では相手が反撃してこないし、踏み込むのも容易だが、スパーともなるとそうはいかない。

4本の手足がどこから放たれるか分からないのに、それを見極めて踏み込まなければならない。

前途多難ではあるが、絶対モノにするんだという意気込みだけは、持ち続けていようと思う。

その日の締めは二人ペアでの、ボディ打ち込み、ローキック打ち込み、スネとスネぶつけ合い。

何と相手は池本さん!!

先ずボディ打ち、僕が 全開で打ち込むと、かすかに表情が歪んだ気がした。

池本さんが打つ番。

何とか耐えれた。

でも、そんな訳が無い。

ミット打ちの時は、「これミットやなかったら、絶対死んでる!!」と思ったくらいやから、絶対手加減してるはず・・・

次、ローキック(ガード無し。地に足を踏ん張ってひたすら耐える)の打ち合い。

さっきと違って、何故か全開で打ち込めない。

何故だろう?

同じ強さで打ち込むという暗黙の了解を恐れていたのか?

池本さんは手抜きバリバリやのに、悶絶KOを喰らってしまった。

しかも左右共・・・みんなの嘲笑が痛い(冷汗;)

でも、そこで笑っているあなた!

プロのローキック受けてみなさい。笑えないから・・・

案の定、今日足痛いです。サロンパスは手放せません^^

にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ

|

« 10月13日フリー練習とDEEP反省会 | トップページ | 10月24日神様勇気を!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194337/8525280

この記事へのトラックバック一覧です: 10月20日フック:

« 10月13日フリー練習とDEEP反省会 | トップページ | 10月24日神様勇気を!! »