« 6月20日池本誠知タイトル挑戦 | トップページ | 7月3日出会いと別れ »

2008年6月26日 (木)

6月26日コブラ会より

昨日水曜日はシュートレスリングクラスに参加。

シュートレスリングとは何ぞや?

という方はこちら←総合格闘技スタジオSTYLEのホームページへ

そこへ、総合格闘技道場コブラ会より、いちょうさん女子プロ格闘家の花澤さん、浜田さんが出稽古に来てくれました。

レッスンは主に袈裟固めから相手の首に足をフックして頚椎を極める技の練習でした。

僕は足が短いせいか、足を上手く首にフックする事が出来ず、まだ締めてないのに相手は苦しそう(苦笑)

そんな中、女子プロ二人は池本さんが舌を巻く程飲み込みが早い様子でした。

レッスンが終わるとフリーの練習時間。

今日習った事を反復練習したり、スパーリングしたりする。

先ずはいちょうさんと寝技(グラップリング)のスパーを。

いちょうさん細身やけどもの凄い極め力の持ち主で、過去何度かお手合わせしていただいているが、その都度極められてしまいます。

そして今回も足関でやられました(涙)

いつの日か、いちょうさんから一本奪ってみたいものです。

その次は、花澤選手とお手合わせ。

なめてるつもりは更々無かったんやけど実際組んでみて分かった。

コブラ会で男子に混じって揉まれてきたのは伊達じゃないなと・・・

次、浜田選手。

花澤さんより更に小柄な彼女。

向かい合うとしきりにタックルを狙ってきて油断できない。

さすがにコブラ会の選手はよく鍛えられてると実感しました。

いちょうさん、花澤選手、浜田選手、どうもありがとうございました。

そして改めて思ったのは、出稽古って凄く勇気がいると思うのね。

僕も以前出稽古に行って久しいけど、不安と緊張が入り混じって複雑な心境なのを思い出しました。

あの頃は、今より全然初心者だったし負けてもともと特攻精神で行けたけど、今は負けたら恥ずかしいとか怪我したくないとか、守りに入ってしまって中途半端に格闘技歴だけ延びて、井の中の蛙になっているのかも・・・

初めて合間見える人と戦うのって新鮮で凄く勉強になるって今更ながら気付かされた一日でした。

にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ

Sa3b0163

↑練習後、むりやり割って入って写真撮ってもらいました(笑)

イエ~イ(By高島忠夫good

|

« 6月20日池本誠知タイトル挑戦 | トップページ | 7月3日出会いと別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194337/21907056

この記事へのトラックバック一覧です: 6月26日コブラ会より:

« 6月20日池本誠知タイトル挑戦 | トップページ | 7月3日出会いと別れ »