« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の3件の記事

2008年11月30日 (日)

11月30日塚本歯科

昨日は総合格闘技スタジオSTYLEのジム生、塚本君が12月より開業する

「塚本歯科」をジムのみんなで集まって見学に。

081129_201601_3 

中に入るととてもシックできれいで、みんなしきりに

「すげぇ~!」

「かっこいいー!!」

を連発していました。

彼は今までも、勤務の合間に歯科医師の講習会に積極的に参加して、歯科医師としてのスキルをアップしてきました。

とても勉強熱心で格闘技にも遊びにも一生懸命な男。

そんな熱い男、塚本明徳33歳をみんなよろしくお願いします。

081129_200602

↑前列右がDr.塚本

お・ま・け heart01

081129_200301

新しく赴任したDr.池本と患者ヤンキー林君(ウソ)

「塚本歯科」は大阪内環状線沿い、城東区諏訪2丁目の510(ファイブテン)というレストランの向かいにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

11月29日胃液吐くまで

久々の更新になります。

先ずスイマセン。

何週間も練習休んでしまいました。

これは一にもニにも自分の心が弱いからに他なりません。

綾波 レイ風に言えば「そうやって、嫌な事から逃げているのね」であります。

格闘技の目的。純粋に強くなりたいという願望ももちろんあります。

でもそれだけじゃなく、辛い練習に耐えて頑張ったという自信が、精神も成長させくれるのだと思います。

まだ僕が格闘技を始める遥か前に、空手をやっていた友人がいて、そいつはいつも堂々としていて、生き方にも一本筋が通っていてオーラが見えていた気さえしていました。

そんな記憶があったからこそ格闘技の門をくぐったのかもしれません。

しばらくの間、そんな事も忘れてしまっていた自分を恥じています。

そして錆付いてしまった体と心の部品を、これから一つ一つ洗い流していこうと思います。

そんな思いで行った練習も、錆びた体は正直で、スパー中に足はつるわ、練習後、ゲータレードをリバースするわで大変でした。

久々に見た師匠の池本さんは以前より数段体が分厚くなっていました。

練習後の補強も以前とはガラリと変わっていて、初めてのメニューだらけだった。

アマチュア修斗で優勝した中平君はプロに昇格したし、

試合間近のヤンキー林君(高校生)も逞しく成長していました。

僕がさぼっている間も、みんな頑張っていたんやな。

41歳のおっちゃんでも自分より若い人に学んで成長する事はできるよね。

それを感じた昨日の練習でした。

にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ

↑こっちの方にもサボリのツケが・・・

 反省crying

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

11月11日旭区スポーツフェスティバル

日曜日は旭区スポーツフェスティバルのお手伝い&参加させていただきましたrun

平たくいうと町別対抗運動会です。

旭区には10の町があり、我々はその中の新森(しんもり)という町から出場します。

当日お天気は曇り空ながら何とか持ちこたえてくれと祈るcloud

二日間降り続いた雨のお陰でグランドは所々ぬかるんでましたが、開催には差し支えない様子です。

聞けば前日、グランドの泥水をスポンジで吸い取っていただいたとか・・・

みなさんの涙ぐましい努力が実っての無事開催となりました。

Sany0147

↑みんながんばれ~

特に新森がんばれ~(笑

女子リレーは見事決勝進出happy01

Sany0166

↑おじさんもがんばれ~

・・・って、よく見りゃうち(青指)の林会長じゃないですか(汗;

男子リレーは予選落ち。残念sad

Sany0176

↑みんなで食べる昼ご飯はおいしいね

Sany0189

↑新森得意の大縄跳びでは63回を記録!

1回目は失敗の6回

2回目は大躍進の63回でした

練習の成果が出ましたrock

Sany0192

↑飛び入り参加OKの風船割り競争

みんなで楽しめます

Sany0199

Sany0201

↑障害物競走

みんないい表情してますhappy02

Sany0206

↑女子リレー決勝

みんなよく頑張った!感動したッ!!

Sany0211

↑表彰式

今年の優勝は古市でした。おめでとうございますcrown

Sany0212

↑我が町、新森は6位でしたscissors

Sany0186 

去年より2つ上にいけたし、みんなの笑顔がすごく素敵でしたhappy01

来年もみんなで頑張りましょうscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »