« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の4件の記事

2009年4月21日 (火)

4月20日MMA ZONEで初勝利!

4月19日に開催された総合格闘技大会MMA ZONEに出場しました。

場所は大阪市立千島体育館。

13時30分より計量を済ませ、先ずはキッズMMAクラスから試合開始。

総合格闘技スタジオSTYLEからも沢山の子供達が出場しました。

内容は子供とはいえ、レベルも高く、大人顔負けの動きで大人達を驚かせてくれました。

、ていうか体の動きが柔かくてスムーズでパスガードの仕方とか上手くてビックリ!

各ジムの声援も熱かったです。

打撃ありクラスでは、STYLE勢は空手のジムにやられちゃいましたけど、この悔しさをバネに次回はリベンジやで!

キッズの閉会式が済み、いよいよ我々の出番です。

仲間の試合に見入りつつも、自分の出番が近づいてきます。

グローブとヘッドギアを付ける頃には、戦闘モードに。

程よい緊張感で体はリラックスできて状態はいい。

そしていよいよ第38試合のゴング!

相手が突っ込んでくるところに前蹴りを合わせてバランスを崩させた。

よし!掴みはOKgood

試合前に決めていた事。とにかくアグレッシブに行こうというのが作戦だった。

勝つ為でもあるが、後で後悔したくなかったから。

そんな気持ちで臨んだ試合、ミドル捕まれてこかされたり、スイープされたり、三角締め極めきれなかったり、ハイキックもらったりと後で振り返ると反省点はいっぱいあるけど、試合には2対0で勝ちました。

ジャッジのあと相手の則清弘幸選手(P'S LAB大阪)とガッチリ抱擁。

その瞬間、やってきた事が報われた満足感と、試合が終わった安堵感は例えようのないものでした。

それと同時にもの凄いバテました。

試合前は2分2ラウンドなんて楽勝やろ!とか思ってたのですが、やっぱり練習と試合は全然違うっていうのが改めて分かりました。

試合で出したかった技もあったんですが、そんな余裕も無かったし、それが自分の実力なんだと思います。

1回の試合は1回の練習の何十倍にも匹敵すると池本代表が語っていましたが、本当にその通りでした。フィジカルもメンタルももっと強くならなければ・・・

P'S LABの選手は試合後も挨拶に訪れてくれて、とても礼儀正しく好感が持てました。

Sany0030

↑閉会式後、修和館とSTYLEの面々でcamera

その後、STYLE勢で焼き肉を食べに行き嫌というほど食べ、久々のビールに酔いしれましたbeer

にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ
にほんブログ村

今回の大会で、池本代表始め、スタッフの皆さんの多大なるご協力のお陰で、我々選手達は何の心配も無く、試合に集中する事ができました。ありがとうございました。

http://f.flvmaker.com/mc2.php?id=T6xcPpC7XhMULHK_GXIJNlqx2ByJyosR7NOnVTY4ckbMfW4QielFQs&logoFlg=Y

http://f.flvmaker.com/mc2.php?id=T6xcPpC7XhMULHK_GXIJNlqx2ByJyosR7NOnVTY4ckioE/2Rk.lFQs&logoFlg=Y

試合動画(オレンジのスパッツが私です)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

4月11日 俺、試合出ます!

先週、池本代表の試合を通じて、どんな相手にも決して退かない姿勢を見て、池本誠知という人の人間としての生き様までも見た様な気がしました。

そして悩んでいた事も吹っ切れました。

試合に出て完全燃焼したい・・・と。

今、不況により経済的に大変な時期で、妻にも心配は掛けたくないのですが、熱い想いはどうしても諦められませんでした。

何とか妻の説得を続け、受け付け最終日の昨日、総合格闘技大会MMA ZONEにエントリーしました。準備不足、練習不足ではありますが、今まで続けてきた事は無駄ではなかったと思いたい。

そして昨年の初試合で出せなかった事。負けたくないばかりに消極的だった自分を変えたい。

池本代表の試合で学んだ事を畳(会場は柔道場)の上で表現できたらと思います。

STYLEからも沢山の生徒が出場します。特に30代のエントリーが多く、お子さんとパパの親子エントリーの人もいます。おそらくみんなあの試合から何かを感じたのでしょう。

みんな池本ismの伝承者です!

にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ
にほんブログ村

総合格闘技スタジオSTYLEは今、熱く燃えてます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

4月7日夢の続きを・・・

4月5日、日曜日は、池本代表の応援にバスを貸しきって会場入りしました。

Sany0046

↑総合格闘技スタジオSTYLE前より

Sany0048

↑日本ガイシホール(愛知県)

Sany0051

↑開場前、池本代表は、みんなを呼んでくれました。

Sany0062

.

DREAMウェルター級グランプリに出場した池本代表でしたが、マリウス・ザロムスキー選手に惜しくも判定負けしました。

試合はキックボクシングベースで打撃力に勝るとされる相手に対し、戦前の談話の通り、一歩も引かない打撃線の様相を呈しました。

グランドのスキルは明らかに池本代表の方が上のはずなのに、あえて相手の土俵で闘うなんていかにも池本さんらしい。

互角以上に打ち合っていたが、1R終盤に食らったハイキックが効いたみたいです。

2R、テイクダウンから活路を見出そうとしたが、ミルコばりのタックル切りで防ぐザロムスキー選手。

そして猪木アリ状態からザロムスキーが繰り出したバク宙パスガード「サムライ」に場内は沸きましたが、冷静に交わして不発でしたよ。

必殺技エアーハンマーかわされたから、おあいこという事で・・・

2R終盤に膝を相当喰らったところでゴング。

最後まで攻める気持ちを忘れずに闘った池本代表でしたが、3:0の判定による敗戦でした。

大会終了後、池本代表はダメージの残る体でSTYLEから応援に駆けつけた人全員をに控え室裏に呼んでくれました。

その時、本人は大丈夫だと言っていましたが、そんな事は無いはず。

諦めずにまた頑張るからと言う言葉を聞いて我々は帰路についたのでした。

池本代表、お疲れ様でした。今はゆっくり休んで下さい。

そして頑張って、もっと強くなって、夢の続きを僕らに見せて下さい。

にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ
にほんブログ村

試合動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

4月2日公開ダイエットバトル結末

1月から続けてきた公開ダイエットバトルも3月末日をもって終了いたしました。

否、正確にいうと既にバトルでは無くなっていたのですが。

相方だったY田は事情により離脱しました。

申し訳ありません。

ですので、私トモローの結果だけお知らせしようと思います。

オムロンの体重体組成計HBF-359

↑2年前のデータ見たら笑っちゃいます(ガーリガーリ君)

090401_004201_3 体重、体脂肪率

1月14日→56.6kg、12.5%

3月31日→55.0kg(-1.6kg)、8.9%(-3.6%)

体重-1.6kgの内訳は、筋肉は0.6kg増加し

体脂肪は2.2kg減少しました。

目標体重は「55~56kgを維持」でした。→達成ですhappy01

目標体脂肪率は「5~6%を維持」でした。→未達成ですwobbly

090401_004202_3 基礎代謝、BMI

1月14日→1422Kcal、21.0

3月31日→1410Kcal(-12Kcal)、20.4(-0.6)

.

.

090401_004203_2 体年齢

1月14日→30歳

3月31日→27歳(-3歳)

.

.

090401_004301_4 骨格筋率、内臓脂肪レベル

1月14日→35.0%、6

3月31日→36.4%(+1.4%)、5(-1)

.

.

結果として、目標クリアできませんでした。

有言不実行野郎と笑ってやって下さい(ダセー)

これを始めて2ヵ月半、どうすれば目標達成できるか、かなり迷走しましたね。

最初の1ヶ月は週2回のジム通いに筋トレで過ごしましたが、さしたる変化なし。

次の1ヶ月は禁酒(お付き合い等ありましたので完全ではありません)とランニングを取り入れました。お陰で結果が伴い始めました。

ラスト2週間は練習のウエイトがランニングに移ってしまった感はありました。

体重を維持しつつ、体脂肪を減らす。これは難易度高かったです。

最後の方は体重の減少に歯止めが効かず、水ばっか飲んでましたから。

結果は伴いませんでしたが、こうやってブログで世間に公表する事によって、投げ出さずに頑張れましたし、最後までモチベーションを維持できました。

格闘技においても、スタミナは確実にUPしたし、体のキレが出たのも実感できています。

昨年末、練習で吐いてたのがウソのようです(笑)

ここで気を緩めて元に戻ってしまったらもったいなさ過ぎ~!

、と言う訳で目標達成するまで公開ダイエットを続行する事に決めました。

山本KIDみたいなバキバキな体を目差し

にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ
にほんブログ村

たいな(あくまで希望です^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »