« 資格の大原の教材紹介 | トップページ | 今日だけはこのブログの原点(池本誠知引退試合) »

2013年4月21日 (日)

企業経営理論の学習を町工場で実践できる幸せ・・・だよっ!!4月21日ver(手抜きあり)

この1週間何をやってどんな成果があったのか
自分でもT・P・K・P(チン・プン・カン・プン)なトモローです

内々頃日者勉強可レ致覚悟に御座候へ共・・・

「ないないけいじつはべんきょういたすべくかくごにそうらえども・・・」
(自分としては勉強したいと考えているのだが、
色々差し支えがあって中々思うにまかせない・・・)

4月28日、29日に私が通う資格校(大原)の答案練習があるのですが、(中小、企業経営、財務会計)3科目を2週間でこなす作業にかなりてこずった1週間でした。

先ずもって、町工場(金属加工業)である我が社の仕事が繁忙期(GW前のせいか?)な事もあり、こなせる仕事量を入荷量が完全に越えてキャパオーバー状態。それもあり、お客様の要望と現場の意見に挟まれてのコンフリクト(葛藤、対立)、折衝とそれによる更なる私の本来業務の遅れ。(中小企業は人手不足で、現場業務と管理業務の兼任は当たり前)
経営者の世襲交代(私の実弟)による、官僚制の逆機能が発生している事も間違いない事実。
(訓練された無能。目標の置換、モラールの低下等)
中小企業が抱える問題が一気にブワーッと噴出した状態で、
中小企業診断士の先生が泣いて喜びそうな案件が山積みです。
納期は一件一件お客様に説明をし、社内コンフリクトは話し合いにより大分詰める事が出来た週末ですが、今週はもっと厳しくなるかもです。

そんな中、勉強時間としては、(26.75時間/週)と目標を達成出来ました。
ただし、常に睡魔と闘っている状態が続いており、時間効率は低下しています。
単科目なら何とかこなせてきた学習もここへ来て
「無策、無秩序、無計画」になりつつあり、大変焦っています。
答練まであと1週間
やれるのか!おい!!Da_inoki2


この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、
その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月14日(日)4:58 (携帯より)
近頃の睡魔との闘いに終止符を打つべく私は行動を起こした。非常にリスクを伴うが、苦渋の決断である事を分かって欲しい。ちなみに経済学におけるリスクとは「過去のデータなどを用いて将来起こる事の発生確率が予測されている場合『リスク』があると言い、予測不能の場合を『不確実性』があると言う。要はお昼寝=不合格確率の増加というリスク
(ここまで160文字)


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月15日(月)5:14 
私 のウォールにおいて(ここまで160文字)という表示を時々見かけると思いますが、あれは(150文字以内で上手くまとめられませんでした。すんません) という意味の160文字なのでした。2次試験本番においては文字数はみ出しは論外なので、もっと上手くまとめられる様にならないといけないなと思う今日こ の頃です。

ブログをupしました。(携帯からのリンク操作なので上手く繋がるか分かりません)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/201997/194337/87858986


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月16日(火)5:11  (携帯より)
ここの所の集中力は最低レベル。ブログでは財務会計に軸足を置くと宣言したものの、財務の問題解いていながら私の脳裏に浮かんでは消え消えては浮かぶ悪魔の囁き。「中小は大丈夫か~?中小ほっといて大丈夫か~?白書買わなくて大丈夫か~?」結局、悪魔の囁きに負けて勉強中にケータイ覗きだす始末。困ったちゃんですね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月17日(水)4:53  (携帯より)
会社から帰宅して、わんこを洗ってあげ、ドライヤーで体を乾かしてあげ、風呂そうじをして風呂入れ。ああ疲れたとリビングにドカッと腰を下ろし、リモコンポチッと押したらば、画面に映るはボクシング。期待の新人プロ3戦目20歳よりもベテラン31歳に感情移入してしまう私もおじさん45歳。まだまだ頑張るんだもんね。
(4/16の勉強:財務3.75h)


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月18日(木)4:48

Sa3b0176
 
写 真はアマゾンで購入した「中小企業白書を読む」という中古本です。サイズもページ数も本家中小企業白書よりもグッと小さくコンパクト(A5サイズで総ペー ジ数129)内容は大原の別冊資料とほぼ同様。付加価値は図表ごとに著者の1行コメントが載っている位か。前年の白書を使いこなせなかった私には丁度良い のかもね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月19日(金)5:17 (携帯より)
昨夜、晩飯時にやっていたTVが「書き順選手権」なるものでした。皆がそうしていた様に、手の平に字を書く自分。もしくはエア書道。以外と自分がデタラメだというのが良く分かりました「一+│+│+│+_+│+¬+│+¬+│」これが「帯」の書き順です。よい子のみんなはもちろん知っているよね?

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月20日(土)4:56

P1010157
企 業経営理論において新製品の採用者区分とは?①革新者(イノベーター)②早期採用者(アーリーアダプター)③前期多数採用者(アーリーマジョリティー)④ 後期多数採用者(レートマジョリティー)⑤採用遅滞者(ラガード)アイホンが発売と、行列を作る人々はイノベーター。未だガラケー持ちの私はラガード。イ カすだろ?

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月21日(日)4:57(携帯より)
皆さんされていると思いますが、問題を解いていて分からない用語等が出てくると、ネット検索とか(私の場合ガラケーですが)その中で中小企業大学校なる名称を調べると、1次合格者が半年掛けて研修を行い、終了後に中小企業診断士資格付与されます。施設は東京のみ。講義は平日昼間。カリキュラムは凄く魅力的なのに残念!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

記事作成の流れで思いつきで探してきた
アントニオ猪木の名言・格言(文中太文字)ですが、
記事を書いていて、心が救われたような気がします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
アリガタヤ猪木Daa_inoki

|

« 資格の大原の教材紹介 | トップページ | 今日だけはこのブログの原点(池本誠知引退試合) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194337/51315591

この記事へのトラックバック一覧です: 企業経営理論の学習を町工場で実践できる幸せ・・・だよっ!!4月21日ver(手抜きあり):

« 資格の大原の教材紹介 | トップページ | 今日だけはこのブログの原点(池本誠知引退試合) »