« スマホしばりの術 | トップページ | ヒキコモリン »

2015年2月22日 (日)

なんとかかんとか

ただいま旭区青指主催のAED講習を受けてまいりましたトモローです。
みなさんコンニチワニ

AEDとは 、Automated External Defibrillatorの頭文字をとったもので、日本語訳は自動体外式除細動器といいます。小型の器械で、体外(裸の胸の上)に貼った電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断します。もし心室細動という不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、血液を全身に送ることができない状態)を起こしていれば、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えること(電気ショック)で、心臓の状態を正常に戻す機能を持っています。

・講習で習った事
倒れている人を見つけ→そばに駆け寄り意識や呼吸の確認→周囲に人が居れば、協力を求め救急車とAEDの手配を頼む→その間、心臓マッサージ等の応急処置を施す。
ざっとこんな感じです。

Dsc_0863_2

いざという時に、躊躇せず近寄る勇気が必要だと、講師の救急隊員の方がおっしゃられていました。
訓練を積んで、有事(本番)に備える。
診断士試験も似ていますね。
自分は3回目の講習になりますが、こういう機会はめったとない良い経験になります。

さて、中小企業診断士の勉強の方はと申しますと、
忙しい仕事の合間を縫って、何とかかんとか進めています。
昨日も、仕事を終え、18時から4時間半勉強してギリギリ週25時間をキープ出来ました。
今取り掛かっているのは、最苦手科目の財務会計です。
これを克服しない限り、診断士にはなれないと踏んで、2月第2週からずっとこればかりやっています。
具体的には、大原の教材「解法テクニックノート(非売品)」とTACの「スピード問題集」を2回ずつこなしました。今は3周目に入ったところです。
大原に通っていた頃は、スケジュールに追われ、1科目に何週間も掛けるなど出来ませんでしたが、独学の今なら自己責任で何でもありなのです。
問題を見た時、体が勝手に動くのを実感出来たら次に進もうと思います。
目標は、1冊6時間位でこなせるようになる事です。そうすれは、2日間くらいで科目のローテーションを組むのも容易になる為です。(現在は1冊10時間前後)


※ 2月から再開した中小企業診断士の勉強ですが、備忘録として、その週の進捗状況をバックナンバーに追記しました。
自分を鼓舞する意味合いも有ります。

受験生の皆さんも引き続き頑張って下さい。

ではあでゅ~scissors

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

今週の進捗状況:2/15(日)~2/21(土)

時間 25H(2月累計66.25H)

科目  財務会計 解法テクニックノート 2周目完了
    財務会計 スピード問題集        2周目完了

労働 70H(出勤6日)

一言 ノルマ達成(週25H)、土曜日ギリギリセーフ 

|

« スマホしばりの術 | トップページ | ヒキコモリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194337/59023001

この記事へのトラックバック一覧です: なんとかかんとか:

« スマホしばりの術 | トップページ | ヒキコモリン »