« ドーピングのせい? | トップページ | 過去問ビリビリ!? »

2015年6月 7日 (日)

中小企業経営・政策の過去問がミニテストになっちゃった

皆さんこんにちは、午前中で6時間勉強を終えたトモローです。

6月に入り、直前期スケジュールを組みました。

大まかに言うと、7科目中5科目(科目合格の経済、情報除く)を月~金で1科目ずつ回し、土日で更に5科目回す(1週間で過去問5年分を2周出来ます)。それを1次模試まで5週続けるというものです。
この1週間で取り組んでみましたが、何とかやってこれています。

そこで一つ懸念が生じました。

中小企業経営・政策の過去問対策をどうするか。

一般的に、前年の中小企業白書から出題される「中小企業経営」部門は、過去問は使えないと言われておりますのでそこはOKとします。
残った「中小企業政策」部門は、私が使用する、大原の過去問で言うと、法改正による歯抜け(マル注)が散見されます。

Dsc_1138

そんな問題集をあなたなら、使う?使わない?

私は紆余曲折の上「使う」を選びました。

最初はTACのスピード問題集(以下スピ問)だけで充分じゃないかとも思いましたが、スピ問には解く時間の概念が無いのと、問題文を読み解く力をスピ問で養うのは若干の不安があったからです。この事はどの科目でも当てはまると自分でやってきて感じました(スピ問自体は基礎を養うには最適な、よく出来た問題集です)

そこで、大原の「中小企業経営・政策」過去問を使えるようにしてみました。

※数値はH22年過去問の場合

①.「経営」と「政策」を分ける

∴ 過去問5年分はいずれも各21設問、配点50点ずつになっている。
  「政策」部門は第何問からなのか解答などから把握する

②.「政策」部門に歯抜け(マル注)が何問あるか確認する

∴ 「政策」部門21設問中何問か? 例:H22年だと5設問がマル注
   よって、21問ー5問=16問を解く
∴ ベースとなる配点(政策部門は50点)ーマル注の合計
   例:H22年だと、50点ー(2+2+2+2+3)=39点満点

③.試験時間=(90分÷2)*(16問÷21問)=34.28≒34分

④.配点(100点満点換算)=(50÷39)*2=1.282*2
   

以上から、

・過去問を解く時間は34分

・採点結果が24点だとすると、24*1.282*2=61.536P(ポイント)

となります。

90分の試験時間が3分の1になり、まるでミニテストになっちゃいました~happy02

何回転でも出来ちゃいそうなボリュームなので、模試や本試験までに政策部門を完全に潰しちゃいましょう!

そして、経営部門はスピ問&ファイナルペーパー&モバイル白書

Dsc_1140 Dsc_1139p_2 

Screenshot_20150523145423_3



これで中小イタダキか?

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

捕らぬ狸の皮算用

油断したらダメヨ~だめだめ!(最近見た?)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

↓先週の学習記録
(画面が縦の場合は右クリックで右回転をクリック)

「15060701.PDF」をダウンロード

|

« ドーピングのせい? | トップページ | 過去問ビリビリ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194337/60285643

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業経営・政策の過去問がミニテストになっちゃった:

« ドーピングのせい? | トップページ | 過去問ビリビリ!? »