« 2015年7月 | トップページ | 2016年5月 »

2015年8月の6件の記事

2015年8月23日 (日)

春秋要約??

皆様おはようございます。

トモローです。

2次受験生の皆様におかれましては、目を三角にして奮闘されている事と存じます。 o(`ω´ )opencil

来年2次受験(予定^^)の私に関しましては、中小企業診断士として必要なスキルの向上を目指しての情報収集に時間を費やしております。

その一環として、やり始めたのが

「春秋要約」

以前から診断士としてのスキル向上に役立つとは聞いていましたが、1次試験の内容で手一杯だった為、記憶の片隅に追いやられていましたが、この度幸いにも時間が出来ましたので(自虐気味?)、ちょっとやってみようかという気になりました。

先ずは情報収集から。
「春秋要約」でググって見た中で”これだ!”と思えたのがこちら

Photo

春秋要約 - - - 中小企業診断士 WEB勉強会 - Jimdo様
をCLICK
↓↓↓

Photo_2

◆朝の時間の活用法(春秋要約の意味を考える) : 中小企業診断士 二次試験専門校 AAS東京のブログ 様をCLICK
↓↓↓


Photo_3

AAS東京様のブログ
朝の時間の活用法(春秋要約の意味を考える)


その中で、日経新聞のサイトから春秋が閲覧出来る事も分かりました。

Photo_4

日経新聞さんのサイトなので”フリーライド:ただ乗り”ではないよね?

AAS東京さんのブログで、「方眼紙をEXCELで自作する」と書いていましたが、私の場合、昔マス目ノートを使って同じ様な事をしていましたのでそちらを利用する事にしました。

Dsc_1253_220150823_093010_2

文字数を区切って(20字、60字、150字等)、日記の様にFaceBookに投稿していました。


Dsc_1255_220150823_093805_2

横に20マスのノートが余ってましたのでそちらを使用



春秋要約をやり始めて、あとで気付いたのですが、


他の方の春秋要約をツイッターなどで見られるのですが、どうも私の書いてる内容とテーマが一致しない。

よくよく日経新聞のサイトを見てみると、私が要約していたのは

春秋ではなく「社説」でした。

Photo_5




これじゃあ「社説要約」じゃん!!

早とちり”トモロー伝説”健在でした。

”ポケテキトモロー伝説”
”Q:こんな私でも務まりますか?”
”ふぞろい8大阪春セミナー行ってきたよ”



にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

この悪い癖を何とかしなきゃな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

ふぞろい8大阪夏セミナーレポ

みなさんこんにちは。

トモローです。

昨日8月15日(土)ふぞろい8大阪夏セミナーへ行ってまいりました。

Dsc_1247

大阪産業創造館




今回の参加の目的は

  • 1年間の方向性を決める為、
  • 来年の8月の1次試験以降の行動をシミュレーションする為

申し込み自体は7月に済ませていましたが、その時は1次合格を前提でした。

しかし今回2次受験資格の無い私は、上記の様に目的を変更して参加を決めました。

前回のふぞろい8春セミナーでは、乗る電車の路線を間違えるという大失態を犯した私は、この日は30分前には会場入りし、受付け1番乗りで最前列の特等席をゲットン!

セミナーは14時から開講し、受講者は前回の春セミナーより大幅アップの60数名!(春は20名くらいだったと記憶)

第1部 講師はらっち先生

テーマ:事例分析から見えてくる3つの攻略ポイント

  • 攻略ポイント1.2次試験の概要(試験日はいつ?、申し込み日はいつ?2次試験の合格基準は?、2次試験の合格率は?、各事例の特徴は?etc)
  • 攻略ポイント2.合格答案を知る(助言が具体的、多面的で題意に答えている事。因果関係がしっかりしている事etc)
  • 攻略ポイント3.自分だけの攻略ストーリーを組み立てる。(80分間での解答プロセスを固める。70日間でやる事、やらない事を見極めるetc)

感想)2次初学者にも分かり易い言葉で、丁寧に理路整然とした構成で頭にスッと入ってきました。


第2部 講師とりっち先生

テーマ:短期間で戦略的に合格力を身につける

  • 合格力とは? 試験で求められている事に答える力
  • 合格力を身につけるには? ①自分を知り②試験を知る
  • 自分を知る:3つのスキル(読む、考える、書く)
  • 試験を知る:3種の神器(過去問と出題趣旨、1次知識、合格答案)

感想)実質2ヶ月足らずの期間でストレート合格を果たしたとりっち先生の合格エッセンスをギュッと凝縮した様な素晴らしい講義でした。


第3部 講師あすか先生

テーマ:短期間つめこみ型勉強法

  • あすか先生が具体的にどんな勉強法を行ってきたか
  • 演習ノート、過去問ノートを作成(各ノートの構成)
  • 1年目で不足していた1次知識を補う為に行った事
  • それにより弱点を克服し、焦ることなく2回目の2次試験を迎えられた事
  • 読む・考える・書く、の関係性(グラフで図示)読み落としにより解答の幅が狭まる。与件文(読む力)と1次知識(考える力)のバランスを取る。主語、述語、因果関係がおかしくなっていないか(書く力)を検証する。

感想)かなり具体的な勉強法を示して下さいました。今日からでも早速やってみたくなりますね。

Dsc_1248

今回のセミナーを書きとめたノート(計7ページ)




第4部 パネルディスカッション

テーマ:みんなの疑問に答えます
ここでサプライズ。東京のふぞろい8メンバーがわざわざ大阪に駆けつけてくれたそうです。ブログや紙面でしか知らないご本人達が登場です。(感激~happy02

ファシステータ はらっち先生
大阪メンバー ガックン先生、せりふ先生
東京メンバー すぎっち先生、キッラーン先生、みほみほ先生、けいたん先生、むらっち先生

事前アンケートから選りすぐった質問に、どの先生も、ご自分の経験やエピゾードを交えながら的確に時には笑いをとりながら回答をなさっていました。

名言その1:(採点者の立場から)大した事書いてなくても、分かり易い解答なら点数あげちゃいます(キッラーン先生)

名言その2:与件文は目の前に社長が座って話を聞いているイメージで(けいたん先生)

名言その3:絶対合格するんや!と熱い気持ちを持って計画的に勉強(むらっち先生)

名言その4:自信が付くまで修練した事例4も試験本番では魔物が住んでいた(せりふ先生)


その後、30名余りのメンバーが懇親会の場に集いました。

その中での気付き、今回知り合った受験生達は、皆1次を勝ち抜いてきた人達、その中で、1次の勉強を殆どしなくても1次通ると言う人も結構いらっしゃるという事、。曰く、「1次の知識は一度定着してしまえばそんなに勉強しなくても大丈夫。2次の勉強を1度でもしたら、体系的に1次知識が定着するからこれからですよ。」との事。万年1次止まりの私には耳が痛いが天からの声でもある。今後の自分に期待してみます。
又、診断士先生とのお話の中で、「診断士は例え飲み会で遅くなっても、寝る時間を削って自分の仕事をこなすんや!」「トモローさんもこの後、酔拳学習法を試してください」などなど。
今回、志の高い人達と交流の場を作っていただいた事に感謝して、今後の勉強に生かし、来年には合格を手中に収めたいと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

1439412356476_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

私の2016年合格プラン

世の中はお盆休みの真っ最中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

トモローです。

さて、失意のドンゾコを味わって、まだ日も浅いのですが、時間は待ってくれないので私の2016年シーズンはスタートしました。

私の診断士1次試験、これまでの軌跡

  • 2012年の受験(予備校時代)はシーズン途中で診断士を目指し、予備校の4科目受験コースを選択。講義以外の勉強はあまりしないという受け身の勉強法もあり、受験4科目全て不合格。診断士試験は甘くなかった。
  • 2013年の受験(予備校時代)は、リベンジに燃え、勉強時間も1500時間余りに上りましたが、いろいろ有り、試験に向き合えるメンタル状態では無かった。おまけに試験両日ともひどい腹痛により試験に集中出来ず惨敗(7科目中、情報のみ合格)。
  • 2014年の受験(独学)は、この年も精神不安定で全くモチベーションが上がらず、中小企業診断協会から送られてきた受験案内を見て、とりあえず受験しただけ、準備期間3ヶ月、勉強時間不明(6科目中、経済のみ合格)
  • 2015年の受験(独学)は、2014年の1次試験以来、勉強から遠ざかっていた。毎日、やらなきゃ、やらなきゃ、と思いつつ時間だけは過ぎ、年を越した2月、尻に火がついた私は、ようやく重い腰を上げました。準備期間6ヶ月、勉強時間735時間(5科目中、3科目合格、合計293点で7点足りず)

これで分かる事は、予備校に通えば合格が保障されるなんて甘い話では無く、診断士1次試験は80%の人が落ちる、大変難しい試験だという事。
実際に半年余りの勉強で1次、2次ストレート合格を果たされた優秀な方も知っていますが、ごく少数の方達だと思われます。
診断士試験は、絶対に合格すると固い決意をして、実践出来た人のみが通過できる狭き門。
私はその決意が今年もまだ足りなかったのかななんて今考えています。

そこで、私の2016年受験プラン

  • 8~10月:情報収集と共に独学で2次試験の勉強をし、10月の2次試験(当然受験資格はありません)までに自分の回答プロセスを確立する。その間、自分の立ち位置を確認の為、2次模擬試験も受験。同時進行で財務の学力(間を開けるとすぐに能力が低下する)を向上する為の時間も確保する。
  • 11月~12月:引き続き2次の実力向上と1次(財務、企業、運営、法務、情報、中小)の学力維持に努める。
  • 1月~4月:2次勉強会にも参加し、実力の底上げを図る。
  • 5月~7月:1次試験3科目(法務、情報、中小)に集中する。
  • 8月~10月:2次勉強会に参加し、2016年2次試験合格を目指す。

具体的には

  • ふぞろい夏セミナー(8月15日開催、予約済み)を受講し、今後の学習方針を決定する。
  • 財務テキスト、問題集を活用して学力の底上げを図る。
  • 予備校時の2次学習ツール及び、ふぞろい8等の参考書の活用
  • 経士会さん主催の勉強会への参加(経士会代表の森藤さんとは、ふぞろい8春セミナーで知り合い、その実直なお人柄に惚れこみました。)

Dsc_1200

左:TAC 集中特訓 財務・会計
右:意思決定会計講義ノート(通称「イケカコ」)
両方、7月のボーナスで奥さんにおねだりして購入
2次対策用に封印していたが、TACのは意外と1次の良問揃いだった。
イケカコは難しいが、マスターして自分をバージョンアップしたい。

20150814_212749

左3冊:大原2次教材
右:ふぞろいな合格答案8
大原のは、回答プロセスの確立に
ふぞろい8は、現時点では合格者の考え方や勉強法を参考に、進路を決める為の「道標(みちしるべ)」

などなど、まだ2次の勉強法が確立されていないので大雑把で、今後変更する事もあると思いますが、こんな感じで2016年診断士試験合格へ向けて進んでいこうと思います。

1年という時間はあっという間に過ぎ去ってしまうので、皆さんも時間を大切に有意義に使っていきましょう。

それでは。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

2015年中小企業診断士1次試験総括

みなさん、こんばんは。

トモローです。

2015年1次試験を無事合格された方、おめでとうございます。

早速ですが、私の1次試験直後からの軌跡を辿ります。

・8/9(日) 試験後、夕方5時から奥さんを連れて居酒屋→カラオケのハシゴ

模試以来1か月振りの酒に大いに羽を伸ばす


・8/10(月) この日は試験の正解が発表される日

一刻も早く結果を知りたい気持ちと、逃げ出したい気持ちが交錯

正解発表の日は毎年こうだ。何年受けても慣れることはないですね。

会社を休んでる間に溜まった仕事を残業で片付け終え帰宅。速攻で答え合わせをしようとしたけど、シャワーを浴びて、洗い物して、掃除機掛けてと、どうも本人は現実逃避に走っている模様です。
いつも以上に遅く勉強机に着き、パソコンを立ち上げる。
果たして、この先待っているのは歓喜か悲哀か。


受験した科目順に採点しながら、

苦手財務が受かった事に安堵

同じく苦手意識のあった企業経営もギリギリセーフ

本番の手応えが一番悪かった運営が意外な高得点

ここで、「こりゃいけるかも」という思いが一瞬頭をよぎる。

そして経営法務でガビーン足切り寸前、苦手意識も無く、模試の偏差値も一番マシだっただけに一瞬何が起こっているのか分からず狼狽したが、次で決めればと気を取り直し、神様に祈りながら、中小の解答。
中小は、

中小は、僅かに合格点に達しておらず、、、、





2015年度中小企業診断士1次試験の結果(経済、情報を除く5科目受験)

・財務会計 60点




・企業経営 60点




・運営管理 72点




・経営法務 44点




・中小経政 57点




合計293点で合格ラインの300点に達せず不合格となりました。


中々現実を受け入れられず、TACの情報リサーチにて採点しても結果は変わらず、、、、

ー2点くらいであれば、没問に期待してもいいところでしょうが、7点はまずひっくり返らないだろうと、翌日には参加を予定していた2次勉強会の代表に、ご辞退する旨を伝えました。定員のある勉強会で2次受験資格のある人の席を奪う訳にはいかないのと、落ちこぼれの私が参加者の足を引っ張る訳にはいかないと思ったからです。
それに対しても、代表に暖かいお言葉を頂戴し、感謝の念に堪えません。

さて、今回の敗因ですが、先ず圧倒的に自力不足があると思います。

スタディプラスの仲間の試験結果を拝見すると、今回易化したとされる財務会計で高得点をたたき出した人はほぼ合格していました。
財務に限らず、合格者は例外なく得意科目を持っていて、弱点を補って余りある強みが私には無かった。

あと、試験の魔物に飲み込まれていたのかもしれません。
試験直後にネット上で話題沸騰していた経営法務での「海老みそブシュー!」が何の事だかさっぱり判らず、採点後に知ったしだいであります。

それと油断、今回の試験では例年に無くよく出来たと自分では思っていました。ペース配分を考え、分かる問題から解き、時間が余れば見直しをする。
それが今年は出来ていたため、ひょっとするとと思っていたのですが。
苦手意識の無かった経営法務で、落とし穴はそこにありました。
株主総会の招集期日の問題で、「公開会社でない」を見落としていたのと、公正委員会からの処罰で不適切なものを選ぶ問題でケアレスミス。
勝負にタラレバを持ち込んではならないのですが、試験に飲まれていなければ正解を導きだせていたかもしれませんし、細部まで見直す繊細さがあれば、ケアレスミスに気付いたかもしれません。
過ぎた事はよしとして、この点は来年の教訓として、絶対に忘れずにおこうと思います。

こういうのは、日常生活でも乗る電車を間違えたり、バスを間違えたりというツメの甘さが露呈してしまったんだなと反省しきりです。
学力と同じくらい、私にとってはメンタル面でのステップアップが重要なんだと今回の不合格を経て思いました。

今回の結果は誰のせいでもなく、全てが自分の責任です。
勝てば官軍、負ければ賊軍、他人から見れば、何年も1次落ち続けてるボンクラに過ぎないでしょう。しかし今年2月以来700時間余を勉強してきて努力してきた自負心もありました。それもむなしく合格出来なかったのは、やはりどこかに隙があったのでしょう。それは自分が一番よく知っています。

このまま負け犬では終わりたくありません。

来年に向けて、もう既に動き出している人に3日遅れをとってしまいましたが、本年度手を付けられなかった2次対策を含め、来年絶対合格をここに誓います。

もう悔し涙は流したくない!


にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村>

ダチョウのバナーは封印しますweep

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

SUPER集中Regain

皆様こんばんは。

トモローです。

本日発売の

SUPER集中Regain

なるものをfacebookか何かで知り、

買い求めに走り回りました。(ドラッグストア2件、スーパー1件)

諦めて帰ろうと思い、最後に立ち寄ったコンビニに

あ、ありました~happy02

Dsc_1236

味はオロナミンCの濃い~炭酸キツ~い版

さて、肝心の効能は~



有給取って1日中家に居たにも拘らず、家事の手伝いをしてなかった事に激昂した奥さんのお説教を3時間耐え抜いて過去問1冊完了出来たので

有りですな!!coldsweats01




にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


お説教は、抜きにしても、気持ちが落ち着いて、勉強に取り組めました。
私はこれを試験会場に持って行く事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

1次前ラストウィーク

こんな時間に久々の更新です。
実は今日から有給休暇を取得しました。
ですので、聞こえないようにひそひそ話します。
模試で当確ラインを下回っていた私は、気ばかり焦っていました。
それに追い討ちをかける仕事量。
ヤバイ、このままでは又、1次スベッてしまう。
1次4連敗だけはだけは避けなくてはならぬ~(;;;´Д`)
で、仕事と資格を天秤にかけた結果、

会社の皆には迷惑掛けますが、一世一代の大勝負に賭けるので
許してくんろ~


さて、1次前ラストウィークなのですが、
月、水、金→試験初日科目(財務、企業、運営)

火、木、土→試験2日目科目(法務、中小)

を主に勉強します。

但し、超苦手科目の財務(模試C判定)は毎日、朝4時~6時の時間を使って、過去問と模試を時間を計って(60分)解きます。
理由は、未だにタイムマネジメントが出来ていないから。
これには吉報があって、今まで過去問を解く時は、理論問題→計算問題、と別々に解いていたのですが(資格の大原推奨)、後半解く計算問題がいつも時間不足で何問(大体5問以上)もヤマカンになっていました。
ヤマカン問題でも、その後に解くと解けたりするから、時間制約による焦りと分析。そこで今朝は計算問題から解いてみたところ、H23年の過去問で96点取れました。
只、H23年は中難度(科目合格率10.6%)なので、高難度(H24年3.7%、H26年6.8%)で試してみないと何とも言えません。

残りの4科目(企業、運営、法務、中小)は模試B判定だったので、間違えた箇所を中心に弱点潰しに掛かります。

残された時間はあと僅かですが、私は恵まれている方だと思います。
毎日の仕事に追われながら、少ない勉強時間をやりくりされている方も居れば、私のように1週間も有給が取れた者も居る。

遠征、宿泊が必要な受験生もおられる中、試験会場まで乗り換え無しで1時間以内で行けてしまう自分。

今の環境や周りの人々の協力に感謝して、絶対2次試験への切符を掴むと心に誓うのでした。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2016年5月 »