« ご報告 | トップページ | 勉強とボランティアと家庭の両立は可能か?(追伸あり) »

2016年8月11日 (木)

2016年1次試験に思うこと

1次試験受験の皆さま、大変お疲れさまでした。
トモローです。

今年の情報システム易化を疑う人などひとかけらも居なかったはず。
私もその一人です。

協会は来年以降も我々受験生を翻弄し続けるはずです。
貴重な時間を無駄にしないためにも、これからの受験生は
今まで以上の戦略が求められているような気がします。

今日は2017年受験へ向けてのリスタートということで、
知ってる人も知らない人も、
あらためまして私のプロフィールでございます↓↓
(syudyplusより一部抜粋)

家がアルマイトの町工場。 ヒト・モノ・カネ と何かと問題も多く、
中小企業診断士を目指し、月100時間目標に頑張っています。
48歳のおじさんですが、総合格闘技で鍛えた体力を生かして、
難関突破へ向けて頑張ります!!

・毎朝1時間の勉強 ・週目標 25時間 ・月目標 100時間
ただ今1次試験連敗中。(2012年~)

・2015年は、経済と情報以外の5科目に挑みます。
※2015年結果→財務、企業、運営に科目合格。

・2016年は、1次の法務、情報(免除切れ)、中小と2次同時突破に挑みます。
※2016年結果→中小、科目合格
情報、法務は協会の意図(昨年の難化→
→今年の易化を見越して楽して科目合格狙う奴らに楽はさせないby:推測)
にまんまとはまり1次敗退!

勉強実績 2015年1次試験対策として
H27年2月~H27年8月で 735時間 (1歩及ばず293点/300点)
2016年1次試験対策として
H27年8月~H28年8月で 506時間 (2科目難化の波に飲まれ157点/180点)
2016年2次試験対策として H27年8月~H28年8月で588時間
(内、事例Ⅳ計算問題対策274時間)
(1次敗退のため、実績なし)

1次連敗から言えることは、

難化科目(爆弾科目)の波に翻弄されないためには、

安易に科目合格を選択しない、

あえて困難(7科目受験)にチャレンジし続ける、

そんな人材を協会が求めているのではないかと言うこと。

(診断士の質の向上が求められている)

今年の(いや昨年からの)爆弾科目の推移を体験して強く感じました。

現に、私の知っている勉強仲間で7科目受験生の多くは突破し、

科目受験生は敗退者が多かったです。

この苦い教訓を機に、

2017年は7科目受験で1次突破を目指したいと思います。

1次連敗中の身ではございますが、皆さまと共に

成長していきたいと考えておりますので、

これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村ライネンガショウブ

S_dsc_1951
きたるべき2次試験の為に買った電卓が
1次試験に落ちた週に壊れると言う喜劇
しかも壊れたのは1次試験を暗示させる「1」のボタン・・・
m9(^Д^)プギャー

|

« ご報告 | トップページ | 勉強とボランティアと家庭の両立は可能か?(追伸あり) »

コメント

トモローさん:お早うございます。
他のブログ記事などを拝見していると、どうもその説を言われている方々(診断士、受験生など)が多いようですね。でも、協会さんもその逆の逆をいって、来年は7科目平均受験生が多いから財務や経済を激化して科目合格の方が良かったということもあり得るのかもしれません。とにかく、どんな試験パターンになっても、絶対的に受かるレベルになっているのが重要かなあと感じました。(例えば、答練や模試では7科目いずれも6割~7割くらいとれる実力?)

どんな試験の球(直球、変化球)が飛んできても、しっかりとヒットができるよう、互いに頑張りましょうね~!

投稿: 筒坊 | 2016年8月12日 (金) 06時30分

☆筒坊さん
こんばんは。
変化球への対応は急務ですね。
1次をクリヤする人のパターンとして、
1つ2つ落としても(足切りは絶対回避)必ず得意科目でカバーされているということ。
アベレージ60点打者の私には得意科目を作るのが急務です。
それには、2次必須科目を中心に強化に取り組みたいと思います。
1年後に笑えるように、今を頑張りぬきましょう。

投稿: トモロー | 2016年8月12日 (金) 21時17分

こんちは、スタプラでお世話になっています、トムヤンです。1次試験ショックから1週間たち、心の整理と計画を立て直している最中です。
やはり基本はテキストベースを早く習得して、人へ説明できるレベル迄もって行く必要があると感じました。
私がそれに気付いたのが、7月模試を受けた時です。
今回の試験結果を分析するとあいまいな論点が点に結びついてませんでした。試験の結果は悔しさもありますが、なるべくしてなった結果だと感じたのが一番強かったです。
私も不得意は足切りならぬよう、得意科目をさらに伸ばす実力をつけたいと思います。暗記のツールで記憶定着方法を学び、いつも元気をもらっていたトモローさんに感謝してます。私も自分に負けぬよう今を頑張りぬきたいと思います!

投稿: トムヤン | 2016年8月13日 (土) 13時00分

☆トムヤンさん
1次試験おつかれさまでした。
「人へ説明出来るレベル」それは私も思っていました。

トムヤンさんは私とタイプが似ています。
・大体どの科目も60点付近の得点力
・爆弾科目での痛手を得意科目で挽回する王道パターンを持たない

対策は、全科目の底上げと得意科目を1つか2つ作っておくこと。
これは、ずっと前から誰もが知っている心得だと思いますが、実現するのは口で言うほど簡単ではないでしょう。
鍵は「暗記」にあるようです。
お世話になっている2次通信講座の先生に教わりました。

そして「今を頑張る」ことで、
来年は一緒に駒を進めましょう。

投稿: トモロー | 2016年8月13日 (土) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194337/66949765

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1次試験に思うこと:

« ご報告 | トップページ | 勉強とボランティアと家庭の両立は可能か?(追伸あり) »