« 2016年1次試験に思うこと | トップページ | studyplusってブログと連携できんのかね? »

2016年9月 6日 (火)

勉強とボランティアと家庭の両立は可能か?(追伸あり)

ごぶさたトモローです。

いやぁ。。。8月は色んなことがありました。

4度も1次をスベッてここに顔を出すのもはばかられるのですが、

少しの間、お時間ちょうだいいたします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


8月8日には自己採点で今年の1次試験不通過は確定だったので、

いままで友人・知人のお誘いを断り続けたこともあり、お詫びのお付き合いbeer

そして、大阪市青指の活動も8月を境に増え続け、

Dsc_1955


S_dsc_1969


Dsc_1970



診断士試験に没頭し、落ちてまた他所で好き勝手する私に
遂に家内の怒りは頂点に(以下自粛)coldsweats02

Dsc_1957

数日に渡り話し合いの機会を持ち

①勉強自体を否定するものではない

②勉強会や講習会、ボランティアは控えめにする

③家族団らん(うちは夫婦2人ですが)も大切にする

といったところで落ち着きました。

と、ここでお世話になっているある方からアドバイスを受けました。

「1日の勉強時間を設定して事前に(家内と)コンセンサスを取っておかないと

あとでぶり返すますよ」といった内容でした。

(記事作成時点で掲載許可を得ていないのである方の身分は明かさないでおきます)

なるほどっ!!

と思ったため、さっそく年間スケジュールらしきものを作成しました。

(作成済みの2016年度版の焼き直し)

2017_8


「2017nennkann.xlsx」をダウンロード


↑EXCELが使える環境の方はご自由にお使い下さい
(画面の下の方にある「スケジュールA4雛形」から作成して下さい)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


まだ暫定ですので、どのくらいのラインで

勉強とボランティアと家庭を両立できるか

試行錯誤しながらPDCAしてみたいと思います。


にほんブログ村ハッピーニナリタイ

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

追伸:文中に出てくる「ある方」とは、

私がこの6月がらお世話になっている2次通信講座

マンガde診断士講座」の代表、和泉先生です。

私はお試し版から始め、今はCFB(カスタムフィードバック)という、

受講生一人一人の実力とスキルに合わせて添削していただける

サービスを受講しています。(全てメールでのやりとりです。)

「マンガ」はこの講座のフレームワークであるフローメソッドを

分かり易く解説するためのアイテムでマンガのPDFと和泉先生が教壇を取る

動画から成り、私のような2次初心者にもスッと頭に入ってきます。

そして、講座の本丸であるCFBは事例の答案を1問1答で添削していただき、

的確なアドバイスにより、修正と添削を繰り返しながら

合格答案へと導いてくれるというしくみです。

私だけなのかもしれませんが、CFBのやりとりで1次の勉強方法、身の回りや

プライベートのことなどを書いたりすると、

多数の受講生の添削を抱えてお忙しいにもかかわらず、その日の内に

毎回ちゃんと答えていただけて、講座のコンセプトである「多年度受験生向け講座」

という枠を超えて私のような2次未経験者にも教えていただける

和泉先生には感謝の念しかありません。

(分かってないことが多くて、めちゃくちゃ面倒お掛けしていると思います;汗)


私の努力不足により1次不合格で今年の2次受験はなりませんでしたが、

「来年こそは必ず合格」の目標に向けて今日もCFBを受け続けています。

|

« 2016年1次試験に思うこと | トップページ | studyplusってブログと連携できんのかね? »

コメント

トモローさん:こんばんは。
ブログ記事、お待ちしておりました。

ボランティア充実されていますね。ただ、奥様もお一人だと淋しいでしょうから、大切になさってくださいね。

ちなみに、私も同様に妻と二人きりの家族なので、同じことをよく言われます。「自分のことばかり考えている」とか「私のことも考えて」など。優先順位は、①家族(妻)、②仕事、③勉強・地域貢献なのではと思っています。

また、EXCEL計画表も拝見しました。いきなりの毎月100hはハイペースですね。奥様からクレームが来ない様に、十分ご留意なさってくださいね。(私もでしょうが・・・sweat01

投稿: 筒坊 | 2016年9月 3日 (土) 20時45分

☆筒坊さん
返事が遅くなり申し訳ありません。
この土曜日は家庭サービス、
日曜日は中学生親善スポーツ大会の主催運営と、さっそく勉強とボランティアと家庭の両立が出来ませんでした。
その分は早朝勉で補いたいと思います。
月100Hは理想なので、よほど覚悟を決めないと達成出来ないと思いますが、頑張ってみます。

投稿: トモロー | 2016年9月 5日 (月) 04時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194337/67319665

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強とボランティアと家庭の両立は可能か?(追伸あり):

« 2016年1次試験に思うこと | トップページ | studyplusってブログと連携できんのかね? »