中小企業診断士

2019年4月 4日 (木)

退職します

前回と違って手短に報告です。

 

令和元年6月25日をもちましての
退職が決まりました。

今まで以上に目標に向かって邁進する所存ですので

皆さま今後ともご指導ご鞭撻のほど











よろぴくぅ~~~

😃😃😃


いや、マジ頑張りますんで
見捨てないでやって
おくんなましぃ😖

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年3月 3日 (日)

サラリーマンの副業と働き方改革

皆さん

 

おはようございます、トモローです。 

 

今日はちょっとしたご報告をさせていただきます。

 

(かなりの長文ですので、お時間がある時にお読みください)

 


 

実は昨日、とある企業の面接を受けてまいりました。

 

まさかの転職!

 

ではなく、副業(アルバイト)としてです。

 

結果は、採用で来週の日曜日より週1で働くことになりました。

 

業種は、オフィス資材の搬入、設置をするお仕事です。

 


 

経緯についてですが、

 

働き方改革や時間外労働60時間の縛りについて

 

会社の社会保険労務士より指摘を受けたらしく、

 

社内で唯一時間外労働60時間超えの私が引っかかり、

 

決定事項として4月から土曜日全社完全休業を

 

営業課長Hより言い渡されました(これが2/15のことでした)。

 


 

私も、それでは仕事がこなせなくなると

 

残業の例外規定(何せ私は平社員)や個人事業主としての請負い等の

 

提案をしましたが、

 

「いっかい社長の言うようにやってみようや」

 

という話で落ち着きました。

 


 

この話は、労務士→社長→営業課長H→私と現場課長K

 

のフローで進み、社長との直接対話はしていません。

 


 

数日後の全体朝礼で社長は、

 

4月から土曜日全休とその理由、

 

働き方改革で社員の心身のゆとりも必要とか

 

どこかで見たようなことを発表していました。

 


 

ことはこれだけでは済みません。

 

家でこのことを家内に話すと

 

「それはいいけど収入が減るのだからバイトして」

 

となりました。

 


 

実は昨年末の連休(9連休)でも同じ事を言われ

 

やむなくガソリンスタンドの面接を受けていましたが

 

圧迫面接官に当たってあえなく撃沈しました。

 

「このスタンド見てどう思いますか?

 

こんな忙しい時に面接時間を選んだ理由は?」

 

と問われました。

 

窓の外を見るとセルフスタンドなのに沢山の従業員が対応に追われ、

 

あくせく働いていました。

 


 

(こっちは本社からのメールの定型文に従って

 

日時を選んだだけなのに・・・トモロー、心の声。。。)

 


 

想定外の質問にしどろもどろになってしまい

 

メンタルが萎えてしまい1ラウンドK.O負けを喫しました。

 

面接結果は言うまでも無く、暇な正月を過ごしました(泣

 

が、しかしこれも12月の口述試験の対策ができたと前向きに捉えます。

 


 

話を戻しますが、2月中旬の告知から副業探しが始まり、

 

クラウドソーシングサイトのランサーズで

 

フリーランスの仕事を探したりしましたが

 

スキルも実績も無い私にはちょっとハードルが高かったです。

 

ただ、その過程で将来の診断士としての強みをITに求めるのも

 

ありかと考えるようになり、少しづつ勉強を始めました。

 

(企業のHP作成、マーケティングやSEO対策で顧客の売上UPに貢献etc)

 


 

フリーランスでの収入を諦めた私が次に選択したのは、

 

週1で働けるバイトでした。

 

1社目は建築資材の搬入・搬出の会社。

 

電話で問い合わせをしましたが

 

年齢や週1の条件を伝えたところで

 

「ああ、すみません。うちは土、日、祝やってないんで」となり

 

あえなく撃沈↓↓↓

 

anの条件に

 

(週1~、月火水木金土日て書いてあるやないか~い・・・トモロー、心の声。。。)

 

どうやら年齢を聞いて体よく断られた感が大です。

 


 

2社目が昨日面接を受けた、オフィス資材の搬入・搬出の会社。

 

こちらはメールでの対応から面接の流れで、

 

とても親切で分かりやすい対応によりリラックスして面接に挑め、

 

自分の長所や条件、質問や意気込みなど言いたいことを

 

ほぼ伝えられました。

 

その場での採用も決まり、今度の日曜日より働き始めます。

 


 

その他にも会社では諸々あります。

 

一昨年度より、平社員に降格された私(注:1)に対し

  

明らかになめ切った態度の社員も居ますし

 

理不尽なことで社員の目の前で社長(注:2)に怒鳴りつけられることもしばしば。

 

2月のことでしたが、

 

インフルエンザで休んだ現場課長Kのやっている仕事が大量に溜まって

 

その対応に追われる中、

 

「どうしても」なお客様の声を無視する訳にもいかないので

 

私が現場に入りました。

 

(その仕事は現場課長Kと私しか出来ない)

 

すると3日目の現場作業中に社長がやってきて

 

「何してんねん!」

 

「現場に入るなんて一言も聞いてないぞ!」

 

「勝手なことすんな!」

 

「あんた、自分が正しいと思ってやってるんやろ!」

 

「そんなことは会社では通用せえへんで!」

 

「そんなに自分が正しいと思うんやったら、自分で会社起こせばいいやろ!」

 

社内中に響き渡る大声で怒鳴りつけられ、

 

社内が騒然となったそうです。

 

その場では何も反論せず、反省の弁を述べましたが、



平素より、社内のどの部署の欠員がでても



私がフォロー、カバーしていましたので、



今回もその延長線上と考え特に社長に報告はしていませんでした。

 


 

あとで聞くところによると、

 

前述した私をなめ切った社員Oの密告によるところらしいです。



私が怒られている場面で用も無いのにフラっと来て現場の方を見ていたそうです。

 

この社員O(私の本業ので部署の同僚で♀[私が現状平社員なので])は

 

人手不足で日々他部署を駆けずり回っている私が

 

気に入らないらしく、度々社長に

 

「元部長は仕事をしなくて困っている」と

 

社長に報告し、社長はそのことを私には一切リサーチせず

 

後日、他の社員から「社長がこんなん言うてたで」と

 

話が回ってくることが度々ありました。

 

(要は一方的に話を鵜呑みにしている。)

 

しかも、現在非常勤の会長(注:3)から

 

度々お叱りの電話が掛かってくる有様。

 


 

会社ではこんな状態で、朝7時から夕6時まで



(これでも減らされた方、以前は午前様もザラでした)



社内・社外からの問い合わせや



調整、接客、搬入、搬出に追われ、

 

本業をしていても5分と集中できませんので細かなミスも増えます。

 

それに関して社長からは「病院行ってこい(精神科、診療内科etc)」

 

とも言われていますが、行く暇もないので放置しています。

 


 

4月になれば、あぶれた仕事の対応をするのも私ですが、

 

社長は自分では動かない人ですので



全部こっちに丸投げされるのは目に見えています。



営業課長Hの進言とおり、出来ないものは出来ないと



 ドライな対応が私に果たしてできるのか?

 


 

そんな葛藤の中、賽は投げられてしまったので

 

もう後には引けません。

 


 

このような状態の中、私の診断士に対するモチベーションは

 

過去最高潮といっても過言ではありません。

 


 

IT診断士として近い将来活躍することをここにお誓いするとともに



中小企業には、長時間労働をしている上に副業を余儀なくされ



政府の理想とはかけ離れた現実もあるという



一例を挙げさせていただき

 

長い長い文章を締めたいと思います。

 


 

駄文、長文で大変失礼いたしました。

 

確定申告ってなに~それおいしいの~( ̄▽ ̄)

 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


わが社はメッキ業を営む同族企業です(非上場、株式譲渡制限会社、従業員約25名)

注:1)平社員に降格された私:現会長である義父の養子(母が義父と再婚)

注:2)社長:私の弟(現会長である父の実子、母は私と同じ)

注:3)非常勤の会長:同族企業の創業者で私の義父


P.S 療養明けのインフル課長Kや、営業課長Hが社員から経緯を聞きつけて



部長(平社員だけど、みんなそう呼ぶ)は間違ってないと思う



と言ってくれたのがせめてもの救いでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

2019年のスケジューリングしてみた

皆さまこんにちは。
1次不合格記録更新で失意のズンドコ
トモローです(/--)/


思えば昨年落ちた時は、もっと落ち込んでて
リタイヤ宣言も某SNSで行ったり、
やっぱり思い直して再起したりと
気持ちが揺れ動いていました。

その辺にも敗因の一端があるのかなと考え、
今年は、間髪入れずに再始動を果たし、比較的自由に使える今の時期を利用して11月の日商簿記3級&2級の取得に向けて動いています。

これは、苦手意識を払しょくできない財務会計への対策でもあります。

それに先立ち、2019年度のスケジュールをエクセルで作成しました。
診断士試験の方は、科目合格を利用して、4科目(財務、企業、法務、中小)の4科目に絞ろうとも考えていますが、例年の科目合格率や難易度を分析してリスクヘッジのために追加変更するかもしれません。
(できれば今年の法務のようなドボン科目は避けたい

2019

「2019nennkann.xlsx」をダウンロード

Photo

「syuukannyoteihyou1.xlsx」をダウンロード



初の簿記チャレンジはどうなるか分かりませんが、
やるからには合格目指して頑張りますので
どうかなま温かく見守って下さい。


エクセルファイルはダウンロード出来ますので、もしよかったら
ご自分の受験科目などに合わせてカスタマイズして使ってやってください。

それでは


にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

2018年の1次試験結果

結論から申し上げ余すと
またしても1次不通過でした。


財務 48点

 

企業 45点

 

運営 61点

 

法務 40点

 

情報 76点

 

中小 59点

 

329点/360点(合格点)

といった不甲斐無い結果になってしまいました。
今後の事は、家族あっての私ですので
よく話し合って決めたいと思います。
1次突破の方は、2次試験頑張って下さい。
心より応援しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

TAC模試結果&中小企業診断士勉強再開のきっかけ(通勤講座&和泉塾)その3

皆さまこんばんは。
トモローです。
先ず最初に、各地で大変な猛威を振るっている大雨ですが、皆さま情報をいち早くキャッチしてガセには踊らされず、身の安全を第一に落ち着いて行動して下さいませ。

追記、今度は関東で地震も発生しました。
皆さんお気をつけ下さい。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

先週末に行われたTAC1次公開模試の採点は済まされましたでしょうか?

私の結果(経済以外の6科目受験)は


財務:52
企経:48
運営:52
法務:48

情報:64
中小:45


見事玉砕と相成りました。
例年TAC模試の難易度が高いのと、予想問題的な要素もあるので気にすんな!
と解説集に書いてありました。ですので


分かった、気にしない(*゚▽゚)ノ



それは心裡留保(冗談)としましても
(↑↑ココ試験に出ますよ~マーキングして下さい~)

ホームである通勤模試でそこそこだったので今年はひょっとしてイケるかもなどという勘違いを木端微塵に打ち砕いてくれたアウェイなTAC様に感謝申し上げます。
お蔭で緊張感を保ったまま残り1か月を切った1次試験を迎えられます。、

そして限られた時間を有効に使って通過点に過ぎない1次試験をクリヤしたいと思います。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


~~~前回のつづき~~~

11

月刊企業診断11月号を購入してページをめくったところ

何とソコニハ!!Σ(゚д゚;)


「体験!資格学校の新興勢力」という目次の見出しと共に和泉塾代表である和泉先生の顔写真が載っていました。
和泉先生とは通信講座である和泉塾を通してWebやメールでのやりとりで公私両面で相談ごとにも乗っていただき非常にお世話になっております。

また、Eラーニング等の教材で動画でのお姿は拝見しますが実際にお会いしたことはありません。
動画とは少し違う印象で、写真を見る限りは穏やかなお人柄が表れているような気がしました。

ブログやメルマガでの切り口は結構辛口ですが(笑)

記事の内容は、講座の特徴とインタビュー、沿革と指導方針や卒業生インタビュー、取材者の講座体験と続き取材後の感想で締めています。

和泉塾のメソッドを一言で言うと、先ず、大方の受験生のバイブルであるSWOT分析を否定しています。

そこが冒頭に辛口と申し上げた所以でもあり、アンチも一定数存在することも否定しません。
一受講生として申し上げますと、「あんまり敵を作らないで下さい和泉先生~(汗)」が正直な気持ちです(笑)。

では和泉塾は何を拠りどころとしているかと言うと、「フロー」と呼ばれる情報整理のメソッドです。
これは和泉先生が受験生時代にSWOTで壁にぶち当たり自ら考案したフレームワークです(凡人の私には自分で2次試験の解法を考えるなど思いもしませんが)


営業秘密に触れないように少しだけ説明しますと

Photo

「フロー」とは、少年が右手に持つそれに似た図表を用いて具の部分に事例別の要素を書き込み事例企業の実情を試験開始から20分で分析しようというものです。

和泉塾のカリキュラムは事例企業をペーパー上ではなく限りなくリアルに存在する企業と捉え、企業を取り巻く実情を軸に置いて考えるようにう指導を受けます。

そして80分間をどのようにマネジメントして最適解にたどり着くか、そして文章構成まで具体的な手順があります。

あまり書きすぎて営業秘密に触れてもいけませんのでご興味がある方は和泉塾のサイトまで直接見に行って下さい。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

話しを戻しますと、企業診断11月号に和泉塾と一緒に載っていた「通勤講座」の記事がきっかけで1次はコレダ!!と思い

ビビっときた(古い!)私は通勤講座を選び、現在に至る訳でこざいます。

通勤講座は基本、Web上ですべての学習を行うようになっており、(オプションとして冊子での学習も可)
私が選んだのは1次2次合格コースで講義動画、フォローアップ講座、テキスト、通勤問題集、過去問題集から構成されます。

通勤講座の一番の特徴は、学習マップ(世間的にはマインドマップと言われています)
という学習内容を体系的にビジュアル的に表した教材で、これにより覚えるべき内容を整理して短時間で覚えられるというものです。


Photo_4

私は、更にこの学習マップをA4見開きサイズで印刷(FUJUFILMの画彩という厚手用紙を使用)してファイリングし、日々の気付きや間違えた論点などをどんどん書き込むことで、情報の一元化を図っています。

もちろん今回のTAC模試での論点も書き込んでいます。
そしてこれを試験会場でのファイナルペーパーとしても活用したいと思っています。

こちらも、ご興味のある方は通勤講座のサイトまで直接見に行って下さい。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

とまあ、3回に渡って書いてきたこのシリーズですが、何が言いたかったかと申しますと、


今年はコレを使って合格すっど!

てことです。


おわり


にほんブログ村


注)今回使わせていただいた画像やリンクに不都合があればお申しつけ下さい。

削除等の措置を取らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

TAC模試&中小企業診断士勉強再開のきっかけ(通勤講座&和泉塾)その2

みなさま、こんにちは。
トモローでおじゃる

本日はTACの1次公開模試の初日ですね。
多くの同志が受験されていると存じますが
ガンバって下さいね。

私は一足早く、先週の日曜日に自宅受験を済ませましたが、その際、経済学以外を自宅で2科目、図書館で4科目を1日で受験しました。

私の模試での心がけは、結果よりも本試験のシミュレーションとして捉え、結果に一喜一憂せず本試験を見据えて行動することです。



↑1次スベリまくりのお前が何を言う!
はやみゆう!
(*`ε´*)ノ


ゴメンチャイもう少し書かせてください

今回の気付きは、トレーニングで解ける問題も、実戦では時間との戦いになり点を落とす場面が多々あったため、タイムマネジメントを磨く点でした。
その点では、studyplusというSNS上の勉強仲間からタイムリー情報をいただき只今特訓中です。
こういう時、仲間の存在は大きいと感じますね。
※その情報源はタキプロさんの6/22のブログ記事です。

模試に関しては以上です。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

前回予告した勉強再開にきっかけについてです。
2017年の1次試験に失敗してしばらく診断士の勉強から遠ざかりダラダラとくすぶっていたのですが、和泉塾のメルマガだけは毎日読み続けていました。
そんな10月末のある日のメルマガ記事に
雑誌「企業診断11月号に和泉塾の記事が掲載」と載っていたのでAmazonでネット購入してページをめくったところ


何とソコニハ!!Σ(゚д゚;)


気になるこの続きはWebで



、ってかここがWebだバカヤロウ(*`ε´*)ノ


にほんブログ村

次回へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

中小企業診断士勉強再開のきっかけ(通勤講座&和泉塾)その1

どうも、
お久しぶりです(ウソつけ!)
なトモローです
(/--)/

私の2018年度の受験シーズンは昨年12月23日よりスタートしました。

今日はそれに至る経緯を書き記したいと思います。

それまでの勉強法としては、
1次:独学(主に市販テキストと問題集による学習)
2次:マンガde講座(現、和泉塾)の添削コース

1次と2次の学習時間比率(2:1程度)

そして2017年は色々なことが起きました。

4月 帰宅時に自動車にはねられる。
       軽傷なるも治療と交渉に時間を奪われる


5月 会社で1人しかいない部署の工員が長期入院、
   そのピンチヒッターに指名を受け、約1年
   現場事務と現場作業の2足のワラジを履くことになる

7月 仕事の多忙による凡ミスが重なり平社員に降格

8月 心身共に浮足立った状態で1次試験を迎える


2017年1次試験の結果
(科目合格全捨て7科目受験のリスクヘッジ作戦)

経済60 〇

財務68 〇

企経46 ✖

運営43 ✖

法務40 ✖

情報56 ✖

中小62 〇

正に惨敗でした!!

今思うと、診断士を志してから、会社では色々あります。
同族企業はいざこざが絶えません。
試験1週j間前に会長(親父)から肩たたきに合ったこともあり(爆!)

診断士になるのは俺には無理!
もう諦めようと周囲にもリタイア宣言も出し
普通のおじさんに戻るつもりでした。

以前から受講していた和泉塾の和泉先生にも報告をし
落ちた原因や今後の対応などアドバイスいただきました。
1次の勉強はしばらく小休止することにして、
毎日2次の環境に身を置くことで脳が慣れる、
和泉先生いわく「診断士脳」の形成のため、
メルマガの購読は続けることにしました。

和泉塾のメルマガは、その日の題材や進捗の報告、
メルマガだけの事例解説や時事的話題が毎朝6時に配信されます。
(休みは正月三が日だけ)

勉強を休んでいる時でも私のライフサイクルの一部となり
毎朝5分のサプリメントとして診断士脳の育成に
一役買ってきたのではと思っています。

ちょっと長くなったので、次回「1次勉再開のきっかけ」をお送りしたいと思います。

それでは

アデュー
(/--)/

148

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

本ブログ(別館)に全ての勉強記録を掲載しています
↓↓
別館へジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

通勤講座の模試(通勤模試)を受験しました

皆さまこんにちは
石の上にも6~7年
あれ?
何年だっけか。。。

まあいいや!(ヤケクソ)、
のトモローでございます。


先週のことですが、日曜日に受講中の通勤講座より
リリースされた「通勤模試」を自宅受験しました。

予備校の模試でも会場受験と自宅受験を選択できますが、通勤講座の模試は会場受験はありません。

その代わり、
パソコンやスマホなどの媒体の画面上での受験、
もしくは問題用紙と解答用紙をダウンロードして
紙媒体で受験する2種類の受験方法が選択できます。
ちなみに私は少しでも本試験に近い環境にするため、
紙受験を選択しました。

いずれも、答案の提出はWeb上で行い郵送は選べません。


成績発表もWeb上のみの表示になりますが、
これらにより予備校と比較し低コスト(受験料2000円)
を実現しているのが通勤講座らしいと思いました。
※5月申込者は更にお安く受験料1000円でした←私もこれです

TACやLECなどをこれまで受験してきましたが
問題の内容や解説の充実度など、
決して大手予備校に負けていないと感じます。

前置きはこれくらいにしまして、肝心の内容と結果は・・・

2018

ちょ!

企業経営理論(/--)/


企経は受験時のアクシデントみたいなものです。
落ち込んでいる時間などないので
現在、分析と対策を急いでおります。

※受験科目は2018年度本試験と同じ
6科目です(経済学は科目免除)

※受験者数227名(6/16現在)

345点/600点(360点が合格ライン)で
今一歩及ばずな結果でしたが、
これからしっかり対応して
TAC全国公開1次模試に臨みたいと思います。

1

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

本ブログ(別館)に全ての勉強記録を掲載しています
↓↓
別館へジャンプ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

トホホなTACの2次チェック模試受験(ネタバレ無し)

皆さまこんばんは。
ちゃんと生きてるトモローです。

本日はTAC2次チェック模試を
自宅受験(城東図書館にて )してきました。
※大阪市の図書館は原則的に自習禁止です

昨年12月に診断士の勉強を再開して以来
9割弱を1次勉に費やしてきました。

1次のベースは通勤講座
2次のベースは和泉塾です。

そんな中、独学者のマイルストーンとして
TACの2次チェック模試を申し込んでいたのですが、
本日受験しました。

本来なら会場受験が理想なのですが、
悲しいかな1次落ちまくりの私は
家族からの信頼も失墜し
図書館での模試コッソリ受験になります。

試験の内容は来週末の会場受験の方が控えているので
明かせませんが、
チョンボ連発で課題を炙り出せて意義ある模試でした。

・チョンボその1
事例2
ボールペン(注:フリクション:消せるボールペン)
で解答欄を記入したのを途中で気付く(第1問)
※時間終了後にシャーペンで書き直すというズルをしました
<(_ _)>ゴメンチャイ

・チョンボその2
事例3
解答欄を間違えました。
こちらは第〇問を書き終えてから気付き、
時間内で消しゴムで消して書き直しました。

・チョンボその3
事例4
最後の事例4で解き始めてから違和感に気付く。
何かが足りない。

そう、
こともあろうに電卓を忘れてきたのだ。
もしもこれが2次本試験だったなら、
生涯その日の記憶を失う級の大不祥事をやらかしてしまう。
こちらはスマホの電卓で事なきを得るが(自宅受験でよかった
ブッチャーのフォークめった刺し級の大反則技である。

ここまで酷い模試受験もそうそう無いとは思うが
これも私の危機感の無さや気の緩みがもたらしたこと。

むしろ4月のこの時期にこれだけのことをやらかして
幸運だったと神に感謝して
今後の学習に活かしたいと思います。

トホホン


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

スマホ依存症アプリなるもの

皆さまこんばんは。
 
トモローです。
 
勉強は毎日の積み重ねが大事だと
 
あらためて気付いた一週間でしたとよ。
 

H30114

 

平日に勉強時間を積み重ねられなかったことから、

日曜日にまとめてやるハメに( ;∀;)


さて、勉強の記録をStudyPlusというアプリで付けているのですが、

これも功罪がございまして

記録を付けたついでについつい他のサイトも覗いちゃったりしてみたりして

気付けば ン10分経過していたとかよくあること。

そんなYOUにうってつけのアプリを紹介しちゃうゼ!

その名も

「BLACKOUT」 ←クリックでリンク

設定した時刻がきたらスマホがウンともスンとも動かなくなる

ゴキゲンなアプリだぜ~い!

実際、このブログを書いてる最中にロック掛かっちまったし

Thumbnail_dsc_0014

コイツとも明日の朝までおさらばサ(;_;)/~~~

 

ちょっとそれじゃあハード過ぎるっていうYOUには

「TimerLock」というアプリを紹介しちゃおうかな←クリックでリンク

0113

こちらは、パスワードでロック解除出来るので

ちょっと意思の弱いYOUにはピッタリだ~!

てな訳で、限りある時間を有効に使って

目標達成に向けて頑張っちゃいましょう~

それではアデュー(@^^)/~~~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧